CSRへの取り組み方針

CSRへの取り組みについて

CSRへの取り組み方針

1.安全を基盤とした上質な商品・サービスの提供

お客様のニーズにあった安全で上質な足場機材・サービスを提供します。

2.コンプライアンス経営

・法令・ルールを遵守し、誠実に行動します。
・公正、透明、自由な競争を維持、促進します。
・反社会的勢力とは、一切関係を持ちません。

3.人権の尊重

・従業員の人権を尊重し、安全で働きやすい職場環境を確保します。
・関係する全ての人々の人権を尊重し、差別のない明るい職場作りを目指します。

4.地域・社会への貢献

・SUGIKOグループは、地域・社会の健全な発展に貢献するため、社会貢献活動を行います。
・お客様や株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を適時・適切に開示します。

5.環境との調和

環境保全を地球市民としての責務として受け止め、地球環境保護に配慮した企業活動を行います。

CSRの考え方

SUGIKOグループの経営理念である「上質即利」。これは、「史記」李将軍伝賛「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」より生まれたオリジナルの四字熟語です。
桃や李(すもも)は、決して言葉を話すことはありません。しかし、その花や実の魅力ゆえに、たくさんの人が募ってきます。そうすると、その木には自然と道ができる。それがこの言葉の意味です。
上質な「実」、つまり質の良いハードとソフトを提供することでお客様に最大の満足(利益)を得ていただくことができます。そして、お客様との信頼関係が深まることで、次の機会もまたSUGIKOグループのサービスをご利用いただけるのです。
この循環が続くことで、「利」は自ずとついてきます。 さらにその先には、社員・株主、そして社会への還元があります。 そのためにも、常に上質な「もの・サービス」を創造する姿勢が欠かせないと考えています。
この信条に基づき、SUGIKOグループの社員、そしてSUGIKOグループに関わるすべてのスタッフが「全てはお客様の喜び、満足のために『上質なもの』」を提供する」という使命感を持ち、一丸となって事業に取り組んでいます。

CSR活動

CSR活動についてはこちら