経営理念

グループ各社の事業内容をご紹介いたします。

全員幸福。最強会社。上質即利。現状打破

経営理念の実践

「上質即利」とは ロゴマークに込めた想い

「上質即利」とは

「上質即利」は、SUGIKOグループの出発点である
「株式会社杉孝」の理念として生まれたオリジナルの四字熟語です。

桃李もの言わざれども
下自ら蹊を成す「史記」李将軍伝賛より

桃や李(すもも)は、決して言葉を話すことはありません。
しかし、その花や実の魅力ゆえに、たくさんの人が募ってきます。
そうすると、その木には自然と道ができる---
それがこの言葉の意味なのです。

杉孝グループホールディングスの「上質」

人々を惹きつけるSUGIKOグループの「実」。
その鍵となるのは「上質」です。
そして、「上質な実」を宿すための「養分」となるのが
SUGIKOグループの経営理念なのです。

お客様の利益→お客さまからの信頼→SUGIKOグループの利益→上質な商品・サービスの提供

「上質即利」が生み出す豊かな社会

上質な「実」、つまり質の良いハードとソフトを提供することで
お客様に最大の満足(利益)を得ていただくことができます。
そして、お客様との信頼関係が深まることで
次の機会もまたSUGIKOグループのサービスをご利用いただけるのです。

この循環が続くことで、「利」は自ずとついてきます。
さらにその先には、社員・株主、そして社会への還元があります。
そのためにも、常に上質な「もの・サービス」を創造する姿勢が
欠かせないと考えています。 それが「上質即利」です。

この信条に基づき、SUGIKOグループの社員、
そしてSUGIKOグループに関わるすべてのスタッフが
「全てはお客様の喜び、満足のために『上質なもの』を提供する」
という使命感を持ち、一丸となって取り組んでいます。

ロゴマークに込めた想い

心の充実・精神面[原動力]思考力の向上・思考面[プログラム]知識の拡大発展・知識面[データ]

ThreeArrows

意匠の「スリーアローズ(三本の矢)」は、
創造的改革(Creative Innovator)を自己表現するための
3方向の能力開発を表しています。
※出典:能力開発指針集(株式会社能力開発センター)